So-net無料ブログ作成

秋の紅葉を 逆光で [EOS 6D]

3-ya1

今の所人生初の耐久モデル撮影の直後の息抜きネタではありますが、
逆光に苦しめられた分、逆光でリベンジしてやろうと昼間の紅葉にフォーカスしてみました。

1-ya2


毎年訪れるここ八重滝の入り口の紅葉。
昼時はほぼ順光なので、逆光は午後1時から2時頃がそれに当たります。

2-ya3



 ↓ 普通に逆光の広角で撮ると実はこうなります。厚みが違いますよね。
1-IMG_0750


これはこれでいいのですが、毎度これでは芸がない。

なので、今年は少し芸をしてみたという訳です。



撮影時、女性のフォトグラファーさんが先着していらっしゃいまして、県外からのようでした。
声をかけると私の知らないこの付近のうどん屋さんの情報を探しているようでした。
なんでも紅葉がキレイな庭が見えるうどん屋さんだそうで。


私もそういう情報には強いはずなのですが、思い当たりませんで。
悔しいやら残念やら。




最後に去年の作品を置いておきます。
皆さんはどれがいいでしょうか?


1-yae




明日からまたポトレ作品です(笑






タグ:紅葉 八重滝
nice!(44)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

黒部ダム、そして軽井沢。 急遽、金沢へ。 [EOS 6D]

黒部ダムに行く前に、黒部湖遊覧船「ガルベ」に乗船してみました。

昨日の最後の写真は船上からダムを見たものです。
朝イチで行動してるので船もほぼ貸し切りの遊覧でした。

1-IMG_9863


2-IMG_9878


・・・ダムです。ダムでした。うん。
黒部の太陽見てから来ようねって話でした。

ゆるキャラとも写真撮りました(笑


そしてこの後、扇沢で車を受け取り、急ぎ軽井沢へと向かいました。


道中は初めての長野県。
なんと山の多い県なんだと。
軽井沢に行くための高速のインターチェンジまで、登ったり降りたりカーブの連続。
そこから見る遠景は、山並みにつぐ山並み。

やっとの思いでインターから高速へ。

向かう間にSAで信州そばも食べてみましたが、SAですからね。真価は問えなかったです。


雲行きは段々と怪しくなり、近づく台風の様相ビリビリと感じます。
「軽井沢で二泊して台風やり過ごそうか」
などと最初は考えていたのですが、
「高速止まったら帰れなくなるな」
という恐怖感がだんだんと芽生え、

今夜の軽井沢、宿泊キャンセルして金沢帰るか。当日キャンセル料全額払ってでも。

という結論に達しました。


もうここまで来たので、宿まで行って、ちょこっと回って帰ることにしたんです。
なにせ東京まで160㌔の地点です。台風もうそこじゃないですか。


宿に着くやいなや、キャンセルの旨伝えると、
「状況が状況なので、無料キャンセルにさせていただきます。」とのお言葉。
「明日は付近のお店はすべて臨時休業の予定なんです」
・・・宿泊しても観光なんて出来ないということなのだ。

3-IMG_9881


4-IMG_9888


そぼ降る雨の中、記念の買い物と撮影だけして、金沢まで一気に5時間かけて引き返しました。




金沢では弟夫婦が私達の銀婚を「サプライズ」で祝ってくれました。
5-19-10-13-20-36-16-586_photo


6-roy


全く予想もしてなかったので、やられたなーという(笑



軽井沢のキャンセルは判断は正しかったようです。
台風19号の被害は予想を超えるもので、今となっては皆さんの知るところ。


金沢でもう数日過ごした写真は後日ぼちぼちとネタで使ってゆきます。


以上、夢のような6日間のお話を長々とさせていただきました。本日が最後です。
お付き合い頂きありがとうございました。





nice!(47)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

黒部を目指す [EOS 6D]

夢のような室堂の一日を過ぎた翌日は、曇り。

室堂から大観峰へトロリーバスで。
1-IMG_9770


2-IMG_9778

大観峰は駅自体が断崖絶壁にあることから、屋上展望台以外では外に出ることはできないので屋上からの風景撮影。
よくもまぁこんなところに作ったものだと・・・

3-IMG_9792

更にロープウェイで
4-IMG_9797

黒部平へ。
ここが一番秋らしい風景が撮れた。

5-IMG_9808

黒部ケーブルカーで降りるとそこは、

6-IMG_9822


次なる目的地、黒部ダム。




続きます。





nice!(40)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

立山から見た星空 [EOS 6D]

夕食の後、立山を写真で見るセミナーがあって、折角なので参加して、その流れで星空観察会開催。
1-IMG_9762


カメラと三脚を持っていたのは私だけ。リモートスイッチまで持参。
皆さんはガイドさんの用意した天体望遠鏡に並びつつ説明を聞くスタイル。

4-IMG_9769


かくいう私は星空初チャレンジなのです。
やれば出来てたんですが夜は出歩かないタチなので(汗

頭の中にInputされた撮影方法でチャレンジするも、ハッキリ言って失敗しました。

まず、月が出てる。明るいるい[黒ハート]

そして一番の目的だった「天の川」なんですが、
2-IMG_9765

ガイドさんに方向を聞いて撮影してみるも「今日は明るいんで見えませんね」とのことで・・
トホホ・・・

外人の女性が一人、私に英語できるかって話しかけてきて、機材見て寄ってきたんですね。
自分のカメラでも撮りたいけどどうやって撮ればいいか?」って。
「あー、気持ちはわかるけど三脚がね、無いと・・・」
あー、トライポッドねー・・・

「まぁ、手持ちでも設定してやってみれば案外・・・」と、彼女のカメラの設定を指導するも・・・
やっぱダメだったみたい。まぁ、そうでしょうな。

天の川(ギャラクシー)はどこ?」って聞かれて
「うん、あそこらへんって聞いたんで撮ってみたけど、ダメだった。」
そうですかぁ・・・」ってお互い残念だったねと。

3-IMG_9768

雲海はもう晴れてて、眼下の街の明かりが見えるんです。


星をきれいに撮るってやっぱ難しいなぁ。
何か無性に勉強したくなってしまった。



明日は黒部方面へと下山します。


続きます。





タグ:立山 室堂 星空
nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

立山 室堂の「この世のものでない」夕暮れ [EOS 6D]

1-IMG_9709


山の天気は変わりやすいとはいうものの、夕暮れを撮ろうかと外に出ようと窓の外を見ると、今まで無かった雲海が眼下に出現していた。

4-IMG_9727


日没の夕焼けを見るつもりが、思わぬ光景に妻も興奮気味だ。

5-IMG_9737


なにせ私達は今までのこの手の旅行で、山の上からの朝イチの雲海は雲中となり、一面の夜景も雲の中だったりと非常にツキのないものだったわけで。

さっきまで遠くに町並みが見えていたのが、今は雲海。素晴らしいものだった。

後ろを見ると、
3-IMG_9724


眼前に、すぐ目の前に、紅葉以上に真っ赤に萌える雄山。凄い色だ。空の蒼の次は萠美の朱か?

2-IMG_9723


特に編集してないのです。
この世のものでない風景に私は雲海より愕然としてるのですが。

丁度単焦点90ミリしか持ってなくて、広角レンズじゃなかったのが悔しい!

6-IMG_9739


そのようなマジッックアワーを超えた夢のような時間が過ぎると、夜が訪れる訳です。





続きます。



タグ:立山 室堂
nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

立山 室堂をナナメに見る [EOS 6D]

1-IMG_9699


標高2450mだとライターの火がなかなかつかない。
考えてみれば富士山5合目も2300mだった。双方自分らは高山病にもならなかったな。

2-IMG_9700


普通の風景写真とは少し違ったナナメからみた室堂。

4-IMG_9705


この道、歩きづらいんですよね。みんな脇を歩いてました。

3-IMG_9702


なるほどー、な、構図に満足。

5-IMG_9707


そうしてゆくうち、日は傾き、夕暮れになってゆきます。



続きます。





タグ:立山 室堂
nice!(44)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

立山 室堂を散策する [EOS 6D]

2-IMG_9682


少し歩くと硫黄の匂いのするエリアに来る。

1-IMG_9672


死火山ではなかったようだ。
温泉が湧くのと同時に湯けむりと硫黄ガスが噴出している。
ガスの強い時とかは規制があるようだ。

3-IMG_9683


立山の秋の風景は紅葉もあるということで、事前の情報と絵は見ていたのだが、
どうやら時期をほんの少し逃していたようで、

4-IMG_9686


写真で見ていたような赤成分が足りない。

ほんの少し残念ではあったが、もう、清々しい風景なので気にもならない。

5-IMG_9692


そしてこれが、みどりが池。




さらに、続きます。





タグ:立山 室堂
nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

立山 室堂を満喫する [EOS 6D]

1-IMG_9657


・・と、いうわけで、室堂に到着して真っ先に記念写真。
しかしながら文字にしっかりかぶってしまった私。後ほど撮り直し致しました。
なにせ、観光客が並んでるんで焦ったんです。

上高地でもいたのですが、
「写真撮りますよー、カメラ貸してくださーい、あと、こっちの写真も撮りますから気に入ったら買ってくださーい」
・・の商売人があちこちいます。

この写真撮る場所にもちゃんといて、「撮りましょうかー?」って。
三脚立ててるのに聞いてくるかお前は、「結構です!

2-IMG_9659


ご覧いただくとおわかりの通り、物凄いいい天気。

山の稜線と空との境目から上に行く蒼のグラデーション。
PLフィルターなんて使ってないですよ。

これがあの台風19号が来る前日だなんて信じられない。

3-IMG_9667


みくりが池。
おそらく室堂散策で誰もが最初にみる景色。

上の蒼、下の蒼、山との何と言うかナイス構図。すごい綺麗だけど、誰でも撮れる!

4-IMG_9673


反対側からは逆さ雄山が鏡で映る。いやー、絵になりますなー。これも誰でも撮れる!(条件次第)

場所が場所だけに空が凄い写りなんですね~

もうこれ星空も凄いだろうなーとワクワクしてたんですね。月出るな!って。
でもですね、それを期待して広角と三脚とレリーズ持参してるんですから、マジ本気。

我々が室堂に到着した頃は、団体の観光客が通り過ぎたあとで、程よい感じでのんびりできました。
ここの宿泊にしておいてよかったなと思います。



続きます。



タグ:立山 室堂
nice!(41)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

弥陀ヶ原にて [EOS 6D]

ここはおよそ1時間の散策ルートがあります。

頑張ればここから室堂までも登るルートがありますが、3時間かかるらしいです。

7-IMG_9636


なんか何処かで見たような足場が作ってあります。

1-IMG_9642


正直なところ、山の上なので上高地とは違って「なにもない」感たっぷりです。

3-IMG_9649


4-IMG_9654


時間のない人は30分コースなんてのがあったんですが折角なのでフルの1時間コース。
半分下りで半分が登り。上りの半分はバテました。

なにせ風景に代わり映えがないので、写真も苦労してます。

ここでしか撮れないものを探すってのが。


そして、いよいよ宿泊地、室堂へと向かうのです。
5-IMG_9663





続きます。




タグ:弥陀ヶ原
nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

立山から弥陀ヶ原へ向かう [EOS 6D]

今回金沢を拠点として訪れたのが、立山黒部アルペンルート。

数年前には上高地に行きました。今回が車で旅行できる限界の場所かと。

9時には立山駅に着きたかったので7時には金沢を出発。高速を飛ばしナビで立山駅に到着。
現地の自家用車回送サービスに車を預け、長野側の扇沢まで自走(!)してもらう。

1-IMG_9608


立山駅で扇沢までの片道切符を買うのですが、事前にWEBで平日割引きっぷを買っていたので引き換えだけ。その窓口に並ぶ人は全く無く、当日券に人が沢山並んでました。


空いているからと間違えて専用窓口に来る人もいましたね。だめだよ(笑


まずはケーブルカーに乗る。
2-IMG_9609

3-IMG_9616

そして、高原バスのりばで待つことしばし。
4-IMG_9619


この高原バスはほとんどの団体客は時間がないのと大人数なので室堂までの直行臨時便がケーブルカーの到着時間に合わせて何台も用意されているようです。時刻表はほぼ意味をなさず次々と室堂へと運んでゆきます。

私達は室堂で宿泊するので、各駅停車の定期便。
5-IMG_9620

途中の観光ビューポイントではバスが車窓から見えるように説明付きで止まってくれます。

あ、そうそう、上高地と同じように自家用車の進入はできないので。

7-IMG_9636

そうしてどんどんと上がっていき、弥陀ヶ原に到着したわけです。

バスは降りたらすぐ室堂行きの予約をしなければなりません。
出来てしまえばもう確定なので時間まで安心して過ごせます。

お昼どきでしたので、
6-IMG_9633

弥陀ヶ原ホテルで昼食の白エビ蕎麦、食べました。

食後の運動は弥陀ヶ原の散策です。



続きます。




nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
※当ブログで公開する写真について著作権を放棄しておりません。非営利・営利問わずご利用の際はコメント等でのご連絡をお願いします。